綺麗な自分を手に入れる【ほくろを除去することで外見を良くする】

傷跡を残さずに消せる

女医

良性の出来物で種類も様々

できものの一種であるほくろは、大きさや数に関係なくほとんどの人に見られます。特に体表の目立つ部位にあるほくろは人によってはコンプレックスになりやすく、美容整形や病院の皮膚科で除去を望む人も少なくありません。そこで除去施術を受ける前に、基礎知識としてほくろとは何かを知っておきましょう。一般にほくろと呼ばれるものは、医学的には色素細胞母斑もしくは母斑細胞母斑と呼ばれ、良性の皮膚のできものです。それができる原因は、成長の途中で色素細胞になれなかった母斑細胞が異常に増殖することによるものです。生まれた時点ですでに生じているケースもありますし、年齢を重ねてから発生することもあり、種類によっても出来やすい時期が存在します。ほくろの症状は様々です。色は真っ黒なものから肌色に近いものまであり、大きさも平均的なものは7mm程度、大きいものだと20mm以上にまで成長することもあります。大きいものはガン細胞ではないかと気にする人もいますが、見分けるのは困難なので医師の診察を受けることが第一です。審美面でほくろが気になる場合は、美容整形の美容皮膚科でほくろを除去してもらうのが一般的です。跡が残ることがないように仕上げてくれますし、肌のアフターケアにも気を遣ってくれます。施術を受けるにあたっての申込方法は以下の通りです。最初に受診をするクリニックを決めたら、次にカウンセリングの予約をしましょう。予約は電話やメール、あるいはネットから直接予約できる所もあります。予約に際してはどういった相談内容か聞かれるので、ほくろの特徴や部位、悩みなどを伝えておきます。カウンセリングでは医師やカウンセラーとやり取りして、最適な対応方法を決めます。診察を通して除去施術が必要と判断された場合は、受け取った施術同意書に意思を記入して施術を申し込めます。未成年の人は親権者の同意書が別途必要になるので、そちらも施術日までに提出しておきます。クリニックによっては施術同意書にサインした後に、すぐに施術を実施してくれる所もあります。施術日についてはそのクリニックごとの事情によって早いところと遅いところがあるので、事前に確認をしておきましょう。