綺麗な自分を手に入れる【ほくろを除去することで外見を良くする】

施術の理解をする

カウンセリング

施術を選択する

ほくろに悩んでいる人は多くて、病院で除去したい人はたくさんいます。除去方法として電気分解法があり、電気分解法では熱によってほくろの細胞を除去します。この施術は短時間で終わらすことができますし、通院の必要もないです。数日間はかさぶたの状態になりますが、それが取れると次第に元の肌色になります。電気分解法は電気メスを使用する施術で、副作用としてむくみや腫れなどがありますが、時間とともに治るので安心して受けることができます。通常の外科的な方法でも、ほくろを除去することが可能です。外科的な方法は大きさが5mm以上の時に活用されていて、切開の仕方と縫合の仕方はほくろの大きさによって異なります。大きな場合は2回に分けて施術を行うこともあるので、施術の回数などはカウンセリングで確認することが大切です。メスによる施術では高周波メスを使用することもあり、高周波メスによる施術は熱による変性が少ないという特徴もあります。施術のそれぞれの特徴などは、カウンセリングでよく説明を受けて納得することが重要です。ほくろの除去をする際には、身体により優しい施術のことを知る必要もあります。サージトロンによる施術は、熱による変性がとても少ないという特徴があり、とても身体に優しいです。熱による変化性に関する説明は、カウンセリングで受けることができます。サージトロンによる熱の変性は、電気メスや炭酸ガスによる施術よりもとても少ないです。熱による変性が少ないということは、組織を炭化させないことを意味します。サージトロンによる施術では、高周波ラジオメスが使用されます。どのような方法でほくろを除去したとしても、肌が元に戻るまである程度は時間がかかります。施術を受ける時は、そうしたことも想定する必要があります。施術を受けることで、赤みができて腫れが生じることも想定する必要もあります。ほくろを除去することで、外見を良くすることもできます。カウンセリングで辞去した時のシミュレーションができると、より施術後のイメージを確認することができて便利です。病院を選ぶ時は、施術の内容や施術後のアフターケアなどを確認することも大切です。

顔に触れる女性

めざせほくろなし生活

ほくろ除去を目指すためには、まず実績のある病院選びから始めましょう。そして無料カウンセリングを受けて医師との相性を確認することが大切です。費用は、ほくろの大きさやほくろ除去方法によって異なるので、説明を聞いて比較して決めるのがおすすめです。

詳しく見る

女医

傷跡を残さずに消せる

基礎知識として、ほくろは良性のできもので母斑細胞が異常成長したものです。大きさや色も様々で、種類によって出来やすい時期もあります。ほくろの除去施術を美容整形で受けるなら、カウンセリングを申し込んでその後に施術同意書を提出します。

詳しく見る

カウンセリング

綺麗な肌にできる

ほくろは各種のリスクや違和感がある場合には、スピーディーに除去する施術を受けた方が良いです。美容整形外科のクリニックでは、各種の除去プランを提供しており、医療用のレーザーを活用してあっという間に処置を完了してくれるので安心です。

詳しく見る

顔に触れる女性

美容クリニックの利用法

ほくろ除去のために美容クリニックを利用するときは、普通の皮膚科と違って治療に入るまで時間がかかります。さらにかかるコストと治療の期間も、普通の皮膚科より高くて長いので、よく考えて受ける手術を選びましょう。

詳しく見る

医者

術後がきれいだから

ほくろの除去は、カウンセリングを受けることから始まります。まず、カウンセリングを受けてきちんと相談することがマナーであり、ルールです。カウンセリングできちんと伝えれば結果も変わります。結果を左右する重要なポイントです。

詳しく見る